"Staff Styling Sample"おすすめアイテムをスタイリングでご紹介 VOL.11

May 24, 2019

 

 

 

 

ドイツはミュンヘンをベースに結成されたデザイナーチームによるブランド「A KIND OF GUISE / アカインドオブガイズ」。

 

 

今シーズンはインドネシアに出向き、現地の風景や伝統的な文化からインスピレーションを得たコレクションをリリースしています。

 

 

 

 

今回ご紹介する総柄シャツとバギーズショーツは、素材こそ違えどセットアップとしても着用が可能。

 

 

インドネシアの伝統文化である闘鶏をモチーフにしたオリジナルのテキスタイルを落とし込んでいます。

 

 

100%シルクのオープンカラーシャツは夏でも涼しく軽やかな着心地を楽しめる一着。

 

 

闘鶏柄は街でもまず被ることが無い唯一無二のアイテムです。

 

 

ボトムのショーツはイタリアのテキスタイルメーカーと共同開発したポリエステル生地をボディに使用。

 

 

裏地にはメッシュライナーと水切りが付き、街履きはもちろんビーチショーツとしても使用出来ます。

 

 

首から下げたサングラスは同じく A KIND OF GUISE のものを使用。

 

 

ドイツの生産背景を大事にするブランドだけに、世界屈指のガラス・レンズメーカーとして知られるカール・ツァイスのレンズを採用しています。

 

 

合わせたグラスコードには最近リリースされたばかりのNL × wakamiを使用しました。

 

 

 

 

いよいよ夏本格となる今週。

 

 

 

涼しげなオープンカラーとバギーズショーツのセットアップはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>シャツ :A KIND OF GUISE  ¥29,000

 

>ショーツ : A KIND OF GUISE  ¥19,000

 

>サングラス : A KIND OF GUISE  ¥21,000

 

>グラスコード : NL  ¥4,000

 

 

 

 

A KIND OF GUISEの商品一覧はこちらからご覧いただけます。

 

 

NLの商品一覧はこちらからご覧いただけます。

 

 

サイズや商品についてのご質問は、下記問い合わせ先よりお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

Official instagram

@the_common_tempo

 

THE COMMON TEMPO 原宿

03-5772-1247

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

FEATURED POSTS

An Irrational Element × toff × THE COMMON TEMPOのトラベルコート Vol.2

January 4, 2020

1/2
Please reload

RECENT POSTS
Please reload

ARCHVE