【scair / スケアー】"肩肘張らない"大人のカットジャケット

March 7, 2019

 

Jacket : scair  ¥29,000

Pants : scair  ¥29,500

Cap : LEUCHTFEUE  ¥2,800

 

 

独自のコンセプトを掲げ、様々な前衛的取り組みを行っている気鋭ドメブラ『scair (スケアー)』よりこの春にふさわしい大人のカットジャケットをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材に*GREEDY COTTON JERSEYを使用し、程よくゆったりとしたシルエットでリラックス感のあるジャケット。

 

 

袖口と裾をリブ仕様にしているので、気軽にカーディガン感覚で着ることが出来ますが、首元のデザインがテーラドジャケットの様な襟仕様なので、ラフ過ぎずキマリ過ぎない絶妙な仕上がりになっています。

 

 

ロンTEE感覚で気軽に袖をまくってラフに着るのがお勧め。

 

 

肩肘張らない力の抜けた、大人のカットジャケットに見事に落とし込まれています。

 

 

内側のテープベルトは前ボタンをせずに開けて着用した際に、ボタン部分に止めてアクセントとしてご使用いただけます。

 

 

スタイリングの幅が出るディティールも、ブランドらしい遊び心が垣間見えます。

 

 

(*GREEDY COTTON JERSEY / グリーディーコットン天竺)

1/59のインド産の超長綿を3本取りでハイゲージに編み立てている。超長綿は細くしなやかで、肌触りが良く毛羽感が無いので、上品かつ高級感のある仕上がりになっている。生地の仕上げ段階で更に特殊な加工を施しているので、ふんわりと柔らかな風合いが増しコットン100%でありながらカシミアのような肌触りになり、大人のための上質な着心地を表現。

 

 

 

 

 

 

ブラックは柔らかい印象のホワイトと比べ、どこか無骨な香りも漂わせる男らしい一着に仕上がっています。

 

 

写真ではインナーは同色のブラック、パンツに同ブランドのヴィンテージウォッシュデニムを合わせ、シンプルながら素材の良さが伝わるスタイリングを目指しました。

 

 

この春はキメすぎずラフに羽織れるscairのジャケットに袖を通してみてはいかがでしょうか?

 

 

<scair>

2018AWより日本で産声をあげたメンズアパレルブランド < scair / スケアー > “reconstruction + deconstruction” をコンセプトに掲げ、原曲の魅力を損なわず に新たな楽曲を生み出す、マッシュアップのような作業により既存の価値や 解釈を新たに再構築する。原料から拘り加工や着心地など細かな部分を追求した 美しい物造りに、独自のデザインと機能を融合させることで新しい価値観を表現。

2019-20AW シーズンより展示会の場をパリに限定するなど、ドメスティックブランドとしては新たな取り組みを行なっている。

 

 

 

サイズなど商品についてのご質問は下記問い合わせ先からお気軽にどうぞ。

 

 

 

Official instagram

@the_common_tempo

 

THE COMMON TEMPO 原宿

03-5772-1247

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

FEATURED POSTS

An Irrational Element × toff × THE COMMON TEMPOのトラベルコート Vol.2

January 4, 2020

1/2
Please reload

RECENT POSTS
Please reload

ARCHVE