レイタキヤマの『これがオススメ』~TAIKAN ボディーバッグ編~

December 26, 2018

 

こんにちは、レイです!


皆さんも観に行った、もしくはこれから観に行く!

 

って方もいらっしゃると思いますが、先日『ドラゴンボール 超 ブロリー』を観てきました!!

小学生の時からドラゴンボールが大好きで、ついにパラレルワールドではない現実世界に現れるブロリーを写した映画が公開という事で予告を観た時点で「絶対観よ」と思っていました。

ネタバレとかはしたくないので簡単に僕の感想をお伝えします。

 

.

.


ブロリーまじで半端ないです(笑)


やっぱりブロリーさん強いっす。


来世は本当に下級戦士で変な星に飛ばされてもいいのでサイヤ人に生まれ変わりたいです。

という事で、本日はカナダ・バンクーヴァー発のバッグブランド"TAIKAN EVERYTHING"からボディバッグを紹介していきます。



 

 

 

カナダ・バンクーヴァーを拠点とするクリエイティブ集団が2016年秋冬に立ち上げた"TAIKAN EVERYTHING"

皆さんも感じた事があると思いますが、シンプルで機能面が充実しているバッグって結構珍しいですよね。


ブランドロゴが大きく施されていたり、普段使いには過剰なスペックだったり、それでいて手が届きにくいプライスだったりetc...


そういった物が溢れてることから、シンプルなデザインと充実した機能性のバッグがあればと感じ生まれたブランド。

 

それが"TAIKAN"です。
 

 



TAIKANとは「取る・手にする」などを意味する"Taken"から作られた造語で「全てを取り入れる」という意味で、普段使いできるバッグを理想としており、1日に必要な物を全て収納できる機能性が特徴です。


またEverythingは「様々な人に使用してもらいたい」という思いが込められているため、シンプルなデザイン、購入しやすい価格帯を意識しているそうです。


TAIKANと親密な関係性にあるバンクーヴァーで一番のナイトクラブと言っても過言ではない"Fortune Sound Club"


米国内、カナダでトップに立つアーティストの多くがライブで訪れる有名な箱です。


僕が知ってるアーティストだけでも、Denzel Curry,Anderson. Paak,SZA,Solange,Azizi Gibson,6lack...などなどめちゃくちゃ豪華です。

レコードレーベル、ラジオショー等を行っており、世界規模の最先端クリエイティブ集団"SOULECTION"とのコラボレーションバッグも発売されており、音楽業界との関係性は相当ですよね。


我々スタッフも店のBGMでSOULECTIONには何度もお世話になりました。

 

皆さんも一度は知らないうちに聴いていることでしょう(笑)



 

 

 

 

 

こちらのボディバッグは内側に3つ、外側に2つのポケットがあり、使いやすさに特化したアイテム。


3色展開でブラックは二種類の異なる素材を使用しているのも特徴です。

オレンジはリップストップナイロンをメインに使用し、ブラウン、ブラックは耐久性のあるナイロンを使用。


またヘリンボーンポリエステル使用した生地違いのブラックもご用意しております。


ヘリンボーンとは魚を開きにした状態に似た模様のためつけられた名前です。


Herring→ニシン Bone→骨というような意味です。


同じカラーで生地のみを変えるのがTAIKANが思う様々な人に使用してほしいという事なんでしょうね〜。


 

 

 

 

 

 

 


SUNNEIのPUFFY JACKETと合わせてグリーンとオレンジを合わせたり、コートを使ったコーディネートにブラウンで大人っぽく合わせたりと使い方は様々です。

このようにブランドの始まり、ブランドが持つ関係性等カッコイイところだらけですよね。


ここ最近のカナダ・バンクーヴァーの盛り上がりに超貢献しているTAIKAN 

 

ボディーバッグは各¥6,500+taxとなっております。


スタッフも使用している折り紙付きのイチオシアイテムです!

 

 

>TAIKANの商品一覧はこちらからご覧いただけます。


この機会にぜひ!!

それでは、また!

レイ

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

FEATURED POSTS

An Irrational Element × toff × THE COMMON TEMPOのトラベルコート Vol.2

January 4, 2020

1/2
Please reload

RECENT POSTS
Please reload

ARCHVE