NEWS

NEWS

June 11, 2019

>Vest : A KIND OF GUISE  ¥28,000

>Shirts : HED MAYNER  ¥42,000

>Pants : s.k. manor hill  ¥28,000

「A KIND OF GUISE」のベストをメインに「HED MAYNER」のレギュラーカラーシャツと「s.k. manor hill」のショーツを合わせたスタイリング。

ベスト以外のアイテムを白で統一し、クリーンな印象に仕上げました。

今の時期にちょうど良いスタイリングなのでぜひ参考にしてみてください。

こちらはベストを脱いだ状態のオールホワイト。

ロン...

June 3, 2019


>TOPS: STUDIO NICORLSON ¥45,000


>PANTS: A KIND OF GUISE ¥27,000

 

>BAG: NL ¥15,000



こんにちは、レイです。

 


絶対に生中継で観ると決めていたCL決勝を寝坊のため見逃しました...
 


結果を知らないまま試合を観ることはできたのですが、テンションは起きた瞬間からガタ落ちでしたね。
 


まあコパ・アメリカもそろそろ始まりますし、そっちは観やすい時間帯での放送なので安心です。
 


という事で本日はコーディネートを紹介します。


 

>TOPS: ST...

May 30, 2019

こんにちはヤスです

前回はフェスにお勧めしたいアイテムとしてバッグ各種を紹介しましたが

まだお勧めしたいのがありました

もしかするともうお気付きの方がいるかもしれませんが

、、、

そうです、"グラスコード"です

そもそもグラスコードとはなんぞや?

と思う方もいらっしゃると思います

グラスコードとはつまり、サングラスやメガネを首からさげる為の"アレ"です

これからの時期日差しの強い中、屋外への外出も増えてくることでしょう

そうすると自ずとサングラスを使う機会も増えてきますよね

そんな時にグラスコードを使う事で"グッ"と雰囲気が出るんです

あと心成しか気分も上...

May 29, 2019

昨年末デビューを果たした東京発のドメスティックブランド「scair (スケアー)」のプルオーバーシャツに同ブランドのベストをレイヤードさせ、

パンツにはフランス発のコレクションブランド「HED MAYNER」のワンタックデニムを合わせたオールホワイトコーディネート。

アイテムごとに異なる素材のものを使用しトーンにばらつきを持たせることで、

同じホワイトでも表情が出るスタイリングを目指しました。

サングラスはドイツブランド「A KIND OF GUISE」をチョイス。

レンズには100年以上の歴史を持つドイツのZEISS  Lenses(ツァイ...

May 24, 2019

ドイツはミュンヘンをベースに結成されたデザイナーチームによるブランド「A KIND OF GUISE / アカインドオブガイズ」。

今シーズンはインドネシアに出向き、現地の風景や伝統的な文化からインスピレーションを得たコレクションをリリースしています。

今回ご紹介する総柄シャツとバギーズショーツは、素材こそ違えどセットアップとしても着用が可能。

インドネシアの伝統文化である闘鶏をモチーフにしたオリジナルのテキスタイルを落とし込んでいます。

100%シルクのオープンカラーシャツは夏でも涼しく軽やかな着心地を楽しめる一着。

闘鶏柄は街でもまず被る...

May 23, 2019

「BASUSBROEK」のミリタリーベストと「A KIND OF GUISE」のワークショーツをトーンの異なったブラウンで色味を合わせ、

カジュアルになりすぎないようにフォーマルライクな「STUDIO NICHOLSON」のレギュラーカラーシャツを合わせたスタイリング。

ベストの素材に使用されているコットン×ラミーのマットな光沢が、スタイリングをより上品な印象に引き上げてくれます。

>ベスト : BASISBROEK  ¥27,000

>シャツ : STUDIO NICHOLSON  ¥37,000

>ショーツ : A KIND OF GUI...

April 12, 2019

ドイツはミュンヘン発のブランド " A KIND OF GUISE / ア カインド オブ ガイズ " より19SSコレクションが入荷しました。

今シーズンは東南アジアにインスピレーションを得た、南国の風を感じるラインナップを展開。


単なるリゾートを表現するのではなく、地域の文化である闘鶏を柄に採用した生地をシャツやボトムに採用したり、

現地の住人をモデルハンティングしLOOKに採用することで、

東南アジアらしいディープな街の雰囲気も感じ取れるコレクションに仕上がっています。

ドイツらしい丁寧なもの作りと、拘りの詰まったプロダクトの数々は、...

Please reload

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

THE COMMON TEMPO

Saito Building 1F

3-22-10, Jingumae Shibuya-ku,

Tokyo, 150-0001, Japan

TEL: 03-5772-1247

|

© 2017 by THE COMMON TEMPO. Proudly created with Wix.com